注目の記事

  • ビューチフル!

    スタイリストの魅力

    スタイリストになるためには、専門学校や短期大学などで服飾関連の学科の専門的な事を学んでおくと、スタイリストになる時とても有利になります。スタイリスはとても魅力的な職業です。

    READ MORE
  • スタイリスト勉強中(オーストラリア)

    メリット

    スタイリストになりたくて服飾系の専門学校に入学する方は多くいます。専門学校に入学する事でスタイリスト事務所などでの採用が決まりやすくなるなどのメリットがでてきます。

    READ MORE
  • メイク中

    資格取得

    スタイリストになるために、服飾系の専門学校に通う人は多いです。入学した人のほとんどが資格取得の為だと考えられます。専門知識も身に付け、資格を習得することで、認められやすくなりスタイリストになるのも遠くはないです。

    READ MORE
ヘアメイク!

スタイリスト

お洋服やアクセサリーなどの自分をキレイに魅せるものは女性にとって無くてはならないものです。
そんなお洋服やアクセサリーに囲まれたスタイリストと言う職業は女性の憧れです。
スタイリストとは、写真やテレビに写っている人の衣装やアクセサリーなどの装飾品などのその場に合った全身のコーディーネートをする職業です。
また、服装に気を配る人とも言われています。
本来の意味はデザイナーと近いとも話題になっています。
スタイリストとは華やかな職業に見えますが、下積み時代ではアイロンがけや荷物もちなどの仕事が多くあります。
プロになると服の管理や撮影の準備などを任されるようになります。

スタイリスは、優れた才能やルックスは一切必要ありません。
学歴や資格も関係なく、根性・情熱・気配りのある方に向いてると言われています。
デザイナーにはセンスは求められますが、スタイリストは仕事が好きであれば努力次第で、センスは後から身についてきます。
また、スタイリストの場合はアシスタントから始め無くてはなりません。
自分の描いてた華やかな世界では無いと、逃げ出す人達もいます。
ですが、スタイリストになるにはこの様な半端な気持ちで出来る仕事ではありません。

スタイリストの仕事はほとんどが立ち仕事です。撮影が長時間になったり、思い荷物を持ち歩いたりと仕事中は立ちっぱなしです。
しかし、限られた時間内に動き回らないと行けないので体力も必要となります。
スタイリストはモデルさんやカメラマンさん、出版社などと多くの人と関わる仕事です。
自然な気配りができると、仕事の依頼なども来るようになり、認められます。
また、色々なファッション知識も身に付けなければなりません。

注目の記事

写真ギャラリー

ビューチフル! スタイリスト勉強中(オーストラリア) メイク中